一人暮らしで夏場に米から虫がわかないようにする方法


初めて一人暮らしをすると、お米の管理が分からなくて、
虫をわかしてしまうことがあります。

虫をわかさない方法を知って、米を管理してください。

 

スポンサーリンク


 

僕の友達は、夏場に虫がわいて、お米を全部捨てました。

米の中に、虫が卵を産んでしまい、
気持ち悪くなり、どうしようもなかったらしいです。

その点、僕は虫がわかない方法を、
母親から教えてもらっていたので、大丈夫でした。

その方法とは、個別にジッパーで分けておくことです。

一日に食べる分の量を、ジッパーで小分けしておけば良いのです。

このようにすれば良いです。
20130801-024044.jpg
これなら、虫が米に触れられないので大丈夫です。

米を駄目にする虫は、2種類いるようです。

1種類は米のヌカを食べて、大きくなる蛾の幼虫。

もう1種類は、米の中に入って米を食べて、
米の中に卵を生んでどんどん増えていく虫です。

この最低最悪の腹立つ虫から米を予防するには、
写真のようにジッパーで分けましょう。

面倒かもしれませんが、
やらないと大変なことになりますからね。

僕は2合分をジッパーに入れて保存しています。

炊飯器に2合分入れたら、
袋に2合分入れて保存しておけば、
すぐに使えます。

夏場は、非常に虫がわきやすいので注意してほしいです。

そして、できるだけ温度の低いところに保存しましょう。

ぶっちゃけ、冷蔵庫の中で良いと思います。

虫達にとって、温度の高い場所は、
力を最大限に使えるのです。

スーパーサイヤ人が、
月の見える星で暴れると強すぎるのと同じですね。

猿野郎になりますから。

サイヤ人と同じく、虫どもに調子に乗らせたら、地球が危ないので、
僕と一緒にこの世から消し去りましょう。

米の管理をしっかりして、楽しい一人暮らしを送ってほしいです。


スポンサーリンク