一人暮らしでカレーを保存する方法


カレー

一人暮らしでカレーを保存できないのは地獄の始まりです。

僕は、過去にカレーを多く作りすぎて、地獄を見ました。

同じ惨劇を繰り返さないために、僕は学びました。

学んだことのすべてをあなたに伝えます。

この想い、君に届け!!

カレーを保存するプロになって、
一人暮らしを天国にしましょう。

 

スポンサーリンク

 

本文

一人暮らしでは、カレーをたくさん作ることになります。

特に、あなたがインド人顔負けの、カレー好きなら、
カレーのことで頭がいっぱいでしょう。

すっごく羨ましいな。

それでは、カレーの保存の仕方を知りましょう。

やり方を簡単に言えば、
作って余ったカレーは冷蔵庫に入れた方が良いです。

鍋で大量にカレーを作って余ったら、
冷蔵庫に入る器に移し替えて保存してください。

注意点は、冷蔵庫の中に、
カレーを移し替えた器が入るスペースをしっかりと、
とっておくことです。

現在は、カレーやスープ類を保存しておける容器が売っています。

鍋のように、取っ手がないので、
少ないスペースで保存することができます。

味が変わることはないので安心です。

もちろん、調理した鍋ごと冷蔵庫に入れても良いです。

ただ、あまり大きな鍋だと、
一人暮らし用の冷蔵庫に入らない可能性があります。

でも大丈夫です。

なぜなら、冷蔵庫の中の棚の高さを替えればいいからです。

今の冷蔵庫は棚の高さを替えることができます。

高さを変えてスペースを作れば、
大きな鍋も保存することができます。
これで安心ですね。

棚の高さを替えられない場合は知りません。ごめんなさい。

ただ、棚の高さを替えられる冷蔵庫を使っていても、
困ることがあります。

僕は夏にフライパンでカレーを作っていた時、
思わぬミスが発生しました。

IMG_0550[1]

それは、フライパンごとカレーを冷蔵庫内に保存しようと思ったら、
フライパンが大きすぎて冷蔵庫に入らなかったのです。

あと1センチだけフライパンが小さければ入ってました。

カレーを移し替える容器は持ってません。

なので、大量のカレーを1日で食べることになりました。

あの日だけは、カレーがすごく嫌いになりました。

何がバーモンドだ、この野郎!!
と思いましたね。

非常にダサいです。

なので、あなたは、カレーを作る前に、
余ったカレーを、冷蔵庫内に保存できるのか、
シミュレーションしてみてください。

しないと、後で泣きを見る目になりますよ。

冷蔵庫の中の物を全部出したりすると、
すごく疲れます。

冷蔵庫ちいせぇよ!!
と、意味のない怒りが湧いてしまいます。

誰も得しないので、シミュレーションしましょう。

そして、冬にカレーを作った場合は、
外で保存しておいても大丈夫です。

コンロの上に置いてて大丈夫でしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

★作ったカレーの保存の仕方。
・夏は冷蔵庫の中に、保存する。
・冬はコンロの上に置いといて良い。

 

補足を言えば、カレーを作る鍋は、
値段の高い物が良いです。

やはり、安物だとカレーをかき混ぜないと、
底が焦げてしまうんですね。

なので、かき混ぜるのが面倒なら、
少し高い物を買うことを、お勧めします。

お勧めは、テレビショッピングで売ってた、
絶対に焦げ付かないフライパンですね。

僕の実家では、2つ持っています。

値段は1つ2万円くらいで高いですが、
かれこれ3年ほど使っています。

母親いわく、
「すごく便利。これないと料理できない」
と絶賛していました。

かなり使えるので、金に余裕がある人は、
購入することをお勧めします。

 

最後に一言。

あなたの人生が、ルーのように濃い人生になることを願って、
記事を終えたいと思います。

こんないカレた僕の記事を、
カレこれ長く読んでいただき、おつカレさまです。


スポンサーリンク


コメントを残す