大学生が一人暮らしで風呂を節約する方法


風呂1

貧乏な大学生は世の中に多くいます。

僕は貧乏で一人暮らしをしていたので、
節約をしたい気持ちが良く分かります。

なので、僕が実践した風呂で節約する方法を書いていきます。

参考にして、最高の学生生活を送りましょう。

ちなみに、僕は偏差値40の高卒です。
大学には行ってません。

なので、可愛い女子がいる大学で、
キャンパスライフを謳歌している男子を見ると、
髪の長さがバラバラの坊主になればいいのになと異常に思います。

SNSを見るたびに思ってしまうのが、
最近の悩みです。

早いとこ嫁を見つけないと、
大変なことになりそうなので気を付けます。

こんな僕が記事を書かせて頂くので、
参考になるはずです。

意識すべき点を3つにまとめました。

  • 1、お湯をあまり入れない
  • 2、ペットボトルを入れる
  • 3、風呂に入る前に筋トレをする

 

スポンサーリンク

1、お湯をあまり入れない

お湯をあまり入れなければ水道代がかからないので、
節約になります。

「ケチなこと言ってんじゃねぇぞ」
と思うかもしれませんが、
案外いけますからね。

ポイントは浴槽の底に背中が付くぐらいに、
ピッタリと張り付くことです。

空気の泡一つ残さないほど隙間がないように心構えてください。

まっすぐ前を向いた時に、
天井が見えるくらいオーバーにやるくらいが丁度いいですね。

見た感じは完全にアホでどうしようもないですが、
一度アホになってしまえばこっちのもんですから。

男前な顔で背中を張り付けましょう。

そして、お湯の量ですが、
通常の3分の1くらい入れれば良いです。

お湯は蛇口で出せば、上手く調整ができます。

一度、タイマーで測って、丁度いい具合の、
お湯の貯め方を知ると頭良いですね。

この方法なら、間違いなく水道代を減らして、
節約できるから最高です。

ただ、乃木坂46のメンバーがやってたら、
大粒の涙を流して、ブログに強く抗議したいと思います。

2、ペットボトルを入れる

浴槽に水を入れたペットボトルを置いて、
水嵩を増せばいいんですね。

よく使われてる常套手段ではありますが、
なかなか利にかなっている方法です。

考えた人は、諸葛孔明並みの天才ですね。僕が言うんだから間違いないです。

ただ、僕はペットボトルを入れたことが、
実はありません。

なぜなら、ペットボトルの中の水が腐った際に、
交換するのが面倒臭そうだからです。

僕って、地球一の面倒くさがりなので、
っていうかただのクズなので、
水を交換するのさえ嫌なのです。

毎日、水が腐っていくことを考えたら、
風呂なんか入りたくなくなってしまいますからね。

以前、筋トレの為に、ダンベル内に水を入れるダンベルを買ったんですが、
水を捨てるのが面倒で放置してしまい、1年間放置したことがあります。

変な虫とか繁殖してたらどうしよう・・・
と、チワワのように脅えてしまって水を捨てれません可愛い僕がいました。

こんな悲劇があったので、
ペットボトルを使うのは怖いんですね。

ただ、僕は無理でも、あなたなら大丈夫かもしれないので、
ぜひともチャレンジしてください。

四角いペットボトルなら転がらないから良いと思います。

 

スポンサーリンク

3.風呂に入る前に筋トレをする

正直、この方法を知っていれば、
上記2つの方法は知らなくてもいいと思います。

なぜかって言えば、
これから書くことは最強のノウハウだからです。

為になったら、知り合い全員に話して金をとってもいいくらいの話です。

なぜ、風呂に入る前に筋トレをすればいいかっていうと、
体が温まるからなんです。

腕立てを50回くらいしてから、風呂場に入ると湯船とかつかりたくないんです。

もうね、風呂とか入ったら、
熱過ぎてヤケドするわって思いますね。

体からどんどん汗が噴き出ているのに、
風呂なんか入れるわけないのです。

シャワーで充分です。

シャワーでさえ、浴びるのが面倒なんで、
顔と体を洗ってすぐに浴室から出ることになりますから。

風呂に入る前に筋トレです。

この方法は絶対に節約ができるので、
老若男女やってみてください。

夏でも冬でも使えますからね。

そもそも、僕は風呂にあまり入らないで、
普段はシャワーを浴びています。

筋トレしてすぐにシャワーで、節約になるのです。

ぜひ、やってみてください。

 

まとめ

  • 1、お湯をあまり入れない
  • 2、ペットボトルを入れる
  • 3、風呂に入る前に筋トレをする

 

この3つ意識することで、
節約ができるはずです。

特におすすめなのは、
最後の風呂に入る前に筋トレです。

真夏でも真冬でも使えるので、
ぜひともやってみてください。

5分で出たくなりますからね。

 


スポンサーリンク


コメントを残す