一人暮らしでゲーム音が聞こえる場合の対処法とは?


ゲーム2

壁が薄い部屋に住むとゲーム音などの雑音が聞こえ不愉快です。

今回は、ゲーム音をうるさく鳴らしている人への対処法を伝えます。

参考にして、耳の鼓膜に優しい生活を送りましょう。

 

スポンサーリンク

ゲーム音がうるさい人への対処法とは?

やはり、不動産屋に相談すべきですね。

面と向かって注意するのは、実際やろうとすると怖いものです。

だいたい、ゲーム音がうるさくて隣人が迷惑しているのに気づかない人というのは、
やばい人が多いです。

まず、人の気持ちを考える配慮などできないから、
うるさいのです。

なので、面と向かって注意するのは危険です。

「あの~、すいません。ゲーム音がうるさいので、
テレビにイヤホンを付けてもらえませんか?」

と注意して無言を貫かれたらめっちゃ怖いじゃないですか?

こんなことされたら、ストレスが溜まって怖くて一人暮らしを続行できません。

かといって、

「あの~、すいません。ゲーム音がうるさいので、
テレビにイヤホンを付けてもらえませんか?
って隣の〇〇さんが言ってましたよ」

と、主語を変えて、責任をすべて押し付ける陰湿な事はできませんからね。

〇〇さんに反撃される可能性があるので、非常に怖いです。

なので、不動産屋に相談しましょう。

そうすれば、不動産屋からゲーム音がうるさい人に注意の電話をしてくれるはずです。

不動産屋に電話する際は、しっかりと

「私が言ったとは言わないでください」
とお願いしましょう。

犯人探しをされた時に、一発であなただと分かってしまいますからね。

あなたが不動産屋に連絡した人だと分かってしまったら、
何をされるか分かりません。

世の中にはやばい奴なんか山程います。

極力、やばい奴とは関わらないように、
石橋をめっちゃ叩いて渡りましょう。

騒音を鳴らす人が、ドラゴンボールのベジータのようにオコリンボだったと思ってください。

こんな奴に、

「ゲーム音がうるさいので、音量を小さくするか、
イヤホンを付けてくれませんか?」

なんて言ってみてください。

「俺に指図するなー!!」

とブチ切れです。

考えただけで怖い。あぁ、怖い。

相手はチャオズのように可愛い人ばかりではないのです。

ナッパやピッコロのように、スキンヘッドやエイリアンみたいな人だっているのです。

なので、くれぐれも自分では注意しないで、
一度、不動産屋に連絡をしましょう。

やばい奴には注意して関わらないと命がいくつあっても足りません。

この世にはドラゴンボールはないのです。

やられたら生き返れないのです。

クリリンみたいに「あれ、ここはどこだ?」と言って生き返れないのです。

何かあったら、不動産屋に連絡しましょう。

 

スポンサーリンク

僕がゲーム音で迷惑した体験談

僕が以前、2万4千円のアパートに住んでいる時に事件が起きました。

くそ暑い夏の日。

上の階の男子大学生が彼女とマリオカート64をプレイして楽しんでいるのですね。

いや、それは良いことだと思うんです。

大学生だし彼女がいたって全然おかしくありません。

仲が良いカップルなんてこの時代に素晴らしいなぁ。

田舎だし若者がいる街で活気があっていいなぁと、
思っていたんですが、まぁなんというか、

奴ら仲良すぎなんですよ。

こちとらクーラー代を節約するために、
窓を開けていたんですが、二人の声が「エスパーかよ」と思うくらいはっきり聞こえるのです。

それもそのはず、カップルは窓を全開にして、マリオカートをしているのです。

ラブラブ度が高すぎて部屋が暑いのか、
愛のおすそ分けなのか知ったこっちゃありませんが、窓が全開なわけです。

なので、はっきりとマリオが

「ハッハ~。ケーヒー」

と大声で叫んでました。

そのマリオの声の合間に男が

「オラ、待てよ。アカ甲羅だ」

「もう、やめてよ。あ~、抜かれた~。もぉ~♡」

「はぁ!?なんなんだ!?くそ暑いな・・・夏のせいじゃだけじゃねぇな」

この地獄の時間が2時間くらい続いて、
最後は何度もレインボーブリッジで対戦をしていました。

それで、午後5時ぐらいにゲームが終わり、
彼女が帰ることになり、

アパート前で彼氏が彼女と、

「また来いよ」

「うん。連絡してね♡」

みたいな愛のある会話をしているわけです。

僕は二時間も彼らの騒音に耐えました。

そして、彼女の声が、か弱い声で可愛い声だと知りました。

萌系で妹系な声です。

あまったるい声なわけです。

なので、

彼女の顔が見たくてたまらず、まったく用もないのに、
スーパーに行くフリをして外に出た僕は、

彼女の顔を横目で見た後、
町内を5分ほど散歩して夕日を浴びて帰ってきました。

彼女の顔はピノキオそっくりでした。マンマミ~ア、ハッハー。イヨッシャァ~。

騒音がうるさいと、こんな日々をよく送ることになるのが一人暮らしです。


スポンサーリンク


コメントを残す