一人暮らしで自転車が壊れてしまった場合どうやって修理すればいいのか?


自転車2

一人暮らしで自転車が壊れると恐怖心を襲ってきます。

普段、会社や学校に自転車に乗って通っている人は、歩いて行かなければいけません。

これじゃ時間を損しちゃうので、自転車の修理の仕方を伝えます。

参考にして、心地よい自転車ライフを送りましょう。

自転車が壊れてしまったときにどうやって修理すればいいのかを3つにまとめました。

  • 1、自転車屋に持っていく。
  • 2、自転車屋を呼ぶ。
  • 3、道具を買って自分で直す。

僕の経験談もあるので参考にしてほしいです。

 

スポンサーリンク

1 、自転車屋に持っていく。

自転車屋に持って行けば大抵の事は直してくれます。

僕は高校生の時、駅から学校まで自転車で30分ほどで通っていました。

ある日、駐輪場を出た時、何かを踏んで後輪のタイヤがパンクしました。

パンクしたまま走ったら、ガタンガタンといって周りの人にめっちゃ見られ、
こんな僕でも羞恥心を感じ、「みんな見んといてぇ」と思って、
駅のすぐそばにある自転車屋に行きました。

自転車屋歴40年の60歳ぐらいの白髪のおじさんに見てもらいました。

両手の指が、毎日、手を砂袋に刺している空手家のように太かったです。

本当に自転車屋かよ・ ・ ・と疑いながら、修理を始めてもらうと、
タイヤのチューブにちょっと穴が開いているだけなので、
上から応急処置をすれば1ヶ月ぐらいは乗れるとの事でした。

迅速な判断をしていただき、「さすがプロだ。だてに指が太くないな」と思い、
予備の自転車を借りて学校に行きました。

借りた自転車は、空気がパンパンに入っていてよくスピードが出て、
赤いカラーの自転車だったので、このままずっと借りたいなと思いました。

でも僕はいい子なので、下校時に自転車屋によって、
修理代の2千円を払い、自転車を返してもらいました。

それから2ヶ月後位に、またチューブが破裂してしまい、
確か8000円ほどかけてチューブとタイヤを交換してもらいましたね。

やはりプロと言うものは、手際が良いのですぐに直してくれます。

直している様子を見て日本の匠はすごいなと、鼻くそをほじりながら思いました。

僕には自転車を直す力がなく、何もできないので鼻くそをほじるぐらいしかできなかったのです。

あなたも自転車が壊れたら、自転車屋に持って行くと間違いないです。

自分の家のそばにあるのなら、いちど電話をして自転車を預けたら
予備の自転車を貸してくれるのか確認してみましょう。

前もって、予備の自転車を確保してもらわないとなくなる可能性がありますからね。

僕が行ってた自転車屋は、個人経営なので、よく予備の自転車がなくなっていました。

確認の電話は大切です。

 

スポンサーリンク

2、自転車屋を呼ぶ。

自転車屋を呼ぶのも1つの手です。

検索エンジンで、あなたの住む街の自転車屋を調べれば、
ホームページが出てくると思います。

電話をして、修理の依頼ができるのか聞いてみましょう。

ついでに、自転車を持っていってもらう時に、予備の自転車を貸してくれるのかも聞いてみましょう。

車の車検のように、予備の自転車を貸してもらえると便利ですからね。

ただ、わざわざ来てくれるわけですから、多少値段は高くなる可能性があります。

それは本当にドンマイなんですが、日ごろから貯金をしておくといいかもしれませんね。

3、道具を買って自分で直す。

日曜大工ができるお父さんのように、自分で直しちゃうパターンですね。

これができると女子にモテますね。逞しさがありますから。

直してる後ろ姿を見るだけで、女子はときめくでしょうね。

男は背中で女子がキュンキュンと、ときめいているのを感じれますから、
その後、言葉少なめで口説き落とすことができますね。

爽やかに振り返って「乗ってく?」って言えますから。

ピョコって乗ってくれるのは間違いないでしょう。(二人乗りは禁止です)

なので、モテたいなら自分で直すといいんですが、直すのって超めんどそうですね。

直したことがある人は、慣れれば簡単だと思うのかもしれませんが、
やったことがない人にとっては、夏休みの絵日記ぐらいめんどくさいです。

もう知らねぇよ、チクショーって感じです。

アマゾンなどの通販サイトでタイヤとかチューブを見るとわけわかんないです。

工具箱とか買うのめんどくさいです。

ただここで、頑張って自分で直してしまえば、
次から安く直すことができるのでお得なのは間違いないです。

何事も最初の一歩が重いんですよね。

もしも直している最中に、チェーンが指に絡まって指が切れたらどうしようとか思うと、
恐怖心で1歩が踏み出せないんですよね。

これは女子大の文化祭に行くのに似てますね。

「うわぁ、男子来てるし・・・」
と言われゲロを吐かれるネガティブなイメージを持つのか、

「きゃー男子いるぅ!!」
三浦春馬と生田斗真を同時に見た女子の声を聞けるポジティブなイメージを持てるのか。

やはりイメージ次第ですね。

自転車の修理でも、絶対に俺はできると思ってやればできるのかもしれません。

ただできなくて、部品がバラバラになって、
もう俺なんてダメだ・ ・ ・と途方にくれるようになっても残念なので、
しっかりと修理の方法を調べてからやりましょう。

僕は以前、エアガンの中に玉が詰まってしまって、
自分で直せるだろうと安易に思い、ばらしたら、わけわかんなくなっちゃって、
実家のタンスの奥深くに封印したことがあります。

九尾を封印するかのように、奥深く眠らせました。

こんな悲劇は二度と繰り返したくないと思い、
それから自分で何かを修理することをやめました。

僕のようにならないためにも、しっかりと修理の方法を調べてからやりましょう。

自分で修理したほうが、安く済むのは明らかですからね。

ただ慣れてないと、時間がかかるので、費用対効果を考えてからやりましょう。

まとめ

  • 1、自転車屋に持っていく。
  • 2、自転車屋を呼ぶ。
  • 3、道具を買って自分で直す。

あなたに合うやり方で自転車を修理して、楽しく一人暮らしを送ってほしいです。


スポンサーリンク


コメントを残す