一人暮らしから実家暮らしに戻る事はだらしないのか?


実家2

僕のブログに「実家暮らしに戻る だらしない」という
キーワードで訪問した方がいます。

多分、だらしないと思われるんじゃないかと不安に思っているのでしょう。

その不安を解決するために、
実際に、一人暮らしから実家暮らしに戻った僕の心境を書きます。

世間からどう思われるのか?を書きたいと思います。
参考にして、実家暮らしに戻ってほしいです。

 

スポンサーリンク

僕はなぜ実家暮らしに戻ったのか?

なぜ実家に帰ったかというと、
一人暮らし先のアパートは、事務所化できなかったからです。

僕は、せどりというブックオフで
本を買ってアマゾン等で売るビジネスをやろうと思いました。

ただせどりをやるには、事務所を持たなければいけなく、
仕方なく実家に戻ることにしたのです。

両親に、ビジネスをやるために実家を事務所にしてもいいかと聞いたら
良いと返事をもらったので、実家に戻りました。

実家に戻って世間から言われたこと

実家に帰ると、いろんな人に会います。
例えば両親の友達や、新聞の集金、訪問者等。

このような人たちに会うと、決まって聞かれることがあります。

「今何やってるの?」

こんな質問をされるとビクッとしますね。

なぜなら、僕はせどりであまり稼げていなかったので、
堂々と自分でビジネスをやっていますと言えなかったのです。

なので「自分でビジネスをやっています」と笑いながら言ってました。

あんま質問すんじゃねえよと言うオーラをぷんぷんさせました。

僕が月収で100万円ぐらい稼いでいれば、
もっと堂々と言えたことでしょう。

春日みたいに胸を張ってボロ儲けしてますと言えたことでしょう。

実際は、5万円位しか稼げなかったので、言えません。

このような状況なので、人と会いたくありませんでした。

お金を稼げないときは、人と会いたくなくなるのです。

僕はだらしない人間なんじゃないかと思えてくる

ずっと実家暮らしで、高校生のバイト代程度しか稼げないで1年間がすぎました。
僕は段々に自分をだらしないと思えてきました。

やはり金が稼げないからです。
金が稼げるという事は、世間から信用されます。

世間から

「あの家の子は実家でニートをしている」

と言われるのと

「あの家の子は実家にいながらも自分でビジネスをしてしっかりと稼いでいる」

この2つのどちらを言われたいですか?

どう考えても後者の方が言われて嬉しいです。

だらしないかどうかは、しっかりと金が稼げているかどうかで変わります。

世間と言うのは、経済力で人を見てきます。

一人暮らしをしていても実家暮らしをしていても、
どちらの生活をしていても経済力があることが大切なのです。

だから、だらしないと思われたくなければ、経済力を持つべきです。

 

スポンサーリンク

日本という国の真実

日本では18歳までの高校生は家でごろごろしていても
学校に行っているから怒られません。

学生だからです。

これが高校を卒業して就職できなくて家にいると、
ニートをしていると言われ、急にだらしないと叩かれることになります。

きっと、高校まで毎日遊んでいた子は、
急に社会に放り出されてびっくりすることでしょう。

仕事をして毎日辛くて泣く日もあると思います。
それでも生きていかなくてはいけないのです。

精神的に疲れて、仕事を辞めて家でニートをする子もいます。

そういう子にも、世間は冷たく当たる時があります。

なぜなら、人間と言うのは
人が自分よりも楽をしているとうらやましいと思うからです。

俺は毎日疲れて夜遅くまで働いているのに、
家でゴロゴロしていてテレビを見ていてうらやましいと思うのです。

その感情をうまく吐き出せなくて、「だらしない」と言うのです。

人間はすぐに妬みますから。

タイトルの「一人暮らしから実家暮らしに戻るとだらしないのか?」という疑問の本質もここにあります。

うらやましいからです。

少ない給料で一人暮らしをして、
家賃や光熱費を払って、生きている自分がいるのに、
実家に戻って生活するなんてずるいと思うのです。

この気持ちを一言で表す言葉が「だらしない」です。妬みです。

こういう人には、視野を広げてほしいです。

モンゴルとかモロッコの民族は、家族みんなで1つの部屋に住んでますからね。
南国の島の民族は、家族みんなで船に住んでます。

視野を広げれば、実家で住んでいる人など山ほどいるのです。

ただ、ここは日本です。

世間は、実家暮らしに戻るあなたをだらしないと思う可能性があります。
世の中、色々な人がいますからね。

なので、だらしないと思われたくないのであれば、経済力を持ちましょう。

一人暮らしをしてもどうってことないと言う経済力を持てば
何も言われなくなるはずです。資本主義は金が大切なのです。

まとめ

実家暮らしに戻っても経済力を待つべき。

従業員として働きたくないなら、ニートをしながらでも、
せどりをしたり、ココナラ等の受注委託サイトで、イラストを売るなり、
プログラムを売るなりして経済力を持とう。

お金がたまったら、また一人暮らしを始めれば良い。
世間にどう思われても、それは妬みでしかない。
自分なりに頑張って、お金を稼いでいこう。


スポンサーリンク


コメントを残す