1Rの一人暮らしで掃除機は必要か?


掃除機1

一人暮らしで、掃除機は必要か悩んでいませんか?

僕は初めて一人暮らしをする時にあった方が便利だと思っていました。

でも、住み始めてから「これはいらないな・・・」と心底思いました。

その理由と、どうやって掃除をすればいいのか書きます。

 

スポンサーリンク

なぜ掃除機はいらないのか?

  • 1.掃除する場所がない
  • 2.音がうるさい
  • 3.置く場所がない

それぞれ説明していきます。ついてきてください。

1.掃除する場所がない

1Rで一人暮らしをすると掃除する場所がありません。

あなたが、マイケル富岡みたいな人間なら3LDKの家に住んでるので必要でしょう。

でも、1Rでひっそりと住んでいるなら、掃除機は必要じゃないです。

六畳一間ならホウキとチリトリがあれば1分で掃除が終わります。

テレビCMの最中に終わります。

ホウキとチリトリはダイソーにセットで216円で売ってます。

安いのに想像以上に使いやすいです。

買う前は、チリトリの取っ手の部分がすぐに折れてゴミになるんじゃないかと心配してました。

そんな心配無駄でした。しっかりとゴミを支え、ゴミ箱の中に送り込んでくれます。

使い終わったときに、「こいつらとなら、戦っていける‼」と強く確信させてくれました。

こんな気持ち生まれて初めてです。仲間を持つってこういう気持ちなんだと27歳で知りました。

あなたもダイソーとホウキとチリトリを買い、仲間を増やし一人暮らしに備えましょう。

このあと、僕のホウキとチリトリを僕のブログ読者限定で写真付きで紹介したいと思います。

親に彼女を紹介するみたいで恥ずかしいけど、あなたには見せます。

感謝、感激、夢、嵐ですか?そんなに喜んでもらえると僕も嬉しいです(笑)

2.音がうるさい

掃除機は音がうるさいです。

以前、2万4千円のアパートに住んでいたとき、
隣人が朝8時に掃除機がかけていてうるさかったです。

僕が気持ちよく寝ているのに
「ブゥイ~ン」とマフラーがいかれたバイクのような音を出して、僕の耳を刺激してきました。

当時は耳栓がなく、耳を抑え、布団をかぶり、音の暴力におびえ震え続けました。

やめて、やめてよ・・・・。

その時、強く僕は思いました。

「掃除機は絶対に一人暮らしに向かない!!」って。

おかげで、耳栓の使い方スキルが栃木で一位になったことでしょうね。

今では、当たり前に夜は耳栓を付けて寝ています。

騒音で起こされたあと、熟睡できなくて朝を迎えたときの絶望感は異常ですからね。

「俺は今日一日、生きれるのか?」
と戦場の兵士みたいなこと思いますから。

掃除機は音がうるさいです。無音の掃除機が出たら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

3.置く場所がない

1Rだと掃除機を置く場所がありません。

置く場所を作れる人は、相当、整理力があるので嫁に欲しいです。

でも、多くの人は整理力がありません。

無理して部屋においても、バランスが悪いと倒れて「バコン」と目が覚める音がしてしまいます。

この音は大変に心臓に悪く、僕は大嫌いです。

真夏のくそ暑いときの食事前、テーブルに丁寧に茶碗を置いてる最中に、
掃除機が倒れでもしたら「んあぁわぁ~‼」と奇声をあげてしまいます。

一人暮らしでは迷惑だし、変わってる人認定をくらってしまう可能性大なので、
変わってる読者の方は要注意です。

捕まっちゃいますからね。目に変な光当てられますからね。

僕が使っているホウキとチリトリを公開‼

世界70億人が待ちに待ったホウキとチリトリの公開です。

飯も喉が通らない人が9割なので、人類の生存は僕にかかっています。

責任重大すぎて、タイピングする指が震えちゃって、どうしようもないから、
ユーチューブで乃木坂46の動画を観ようかと考える始末です。

それでも、公開をしようとしている僕を応援してくれるあなたのことが大好きです。

公開します。一気にいきます。

ほうきちりとり1

どぉ?これ?どうですか?

しかもこれ、セットになって壁にホウキを立てかけなくていいんですよ。

ほうきちりとり2

いまだかつてありました?立てかけなくていいホウキなんて?

魔女の宅急便のキキもこんな魔法できないでしょ?

しかもそれが、セットで216円で買えるなんてあなた?

日本に生まれてよかったぁ~(織田裕二風)

ぜひとも、一人暮らしをする人は買ってみてください。

僕と同じホウキとチリトリを使って、掃除機を使う人がいなくなれば、
日本から多少は騒音がなくなるはずです。

小鳥やリス、マンモスも喜んでくれることでしょう。

この僕の切なる地球、そして人類への想い。

心優しい君に届け!!(ここでフランプールが歌いだす)


スポンサーリンク


コメントを残す