一人暮らしで安くて丈夫な作業椅子を作る方法


家で仕事をするから、
丈夫な作業椅子が欲しいと思いますよね。

でも値段が高いから買えないなぁ・・・
と、悩んでいる人がいます。

悩むのはすごく分かります。

 


スポンサーリンク


 

僕は、この前、部屋で勉強する為に使う椅子を買う為に、
ホームセンターに行きました。

ホームセンターに行くと、
たくさんの種類の椅子があります。

なかには、社長が座るようなデザインの椅子もありました。
生地はフカフカでソファーみたいです。

左右に肘置きがあって、
とてもリラックスできそうな椅子です。
(座ってるだけで、ペルシャ猫とハーブティーが欲しくなります(笑))

でも、僕は、その値段の高い椅子が
「欲しいなぁ・・・」
と、思いましたが買いませんでした。

隣にあるパイプ椅子を選んだのです。

なぜなら、その時、
「もしかしたら、このパイプ椅子を豪華に装飾すれば、
とても使いやすくなるんじゃないか? 」
と、思ったからです。

僕に昔から安いものを、
自分好みに作り変えてしまう癖があるのが原因でした。

小学生の時に、ガンダムのプラモデルを買ってもらえなくて、粘土で作ってましたから。

新シリーズになったら、一度壊して、新しいのを作ってましたから。

管理のしやすい子で、親もほくそ笑んでいたことでしょう。

話は戻りまして、実際に千円以下のパイプ椅子を買ってみました。

こんな椅子です。
IMG_0481
あなたも知っていると思いますが、
学校や会社の会議室にある、
折りたためる椅子です。

間違っても、絶対に、必ず、インテリア雑誌には出てこない椅子です。

この椅子は、3時間ほど座っていると、
お尻がだんだんと痛くなります。
(個人差があると思います)
(僕はお尻にオデキができました。チクショー)

僕はお尻が痛くなりすぎて、
勉強ができなくなってしまいました。

なので、ホームセンターに椅子につけるカバーを買いに行きました。

ホームセンターに行ったら、500円くらいでパイプ椅子用のクッションがありました。
小学生が使っているようなのです。

付けるとこんな感じになりました。
IMG_0480
これはすごく便利です。

このクッションを買ったことで、
全然尻が痛くならなくなりました。

オデキもどんどんへこんでいきます。

別に、 6時間ぐらいずっと座って作業しても平気です。

ただ、ずっと作業をしていたら、
大変なことに気づきました。

なんと、床がへこんでしまったのです。

体重がかかり過ぎてしまったのです。

床がへこむと、大家さんの気持ちもへこみます。

そして、大家さんに怒られた僕もへこんでしまいます。

こんなへこみ連鎖は悲しい限りなのでごめんです。

なので、僕は、椅子にある工夫をしました。

こんな風に段ボールをつけてみました。
IMG_0482
見た目は最悪かもしれませんが、
彼女に見られたらドンびかられるかもしれませんが、
こうやって段ボールを付ければ、
床をへこまらせずに済みます。

クッションと段ボールを付けるだけで、
すごく使いやすくなるのです。

あなたが見た目を気にしない強者なのであれば、
この方法を参考にする事をお勧めします。

僕の男友達は、この椅子を見て、2度見してました。
俺の家はジャングルか。未知の世界か。

ぜひとも記事を参考にして、
便利な椅子を作ってみてください。


スポンサーリンク


コメントを残す