一人暮らしでユニットバスのトイレの床を濡らさない方法


一人暮らしで、ユニットバスを使うと、
悩むことがあります。

それは、シャワーを浴びると、
トイレ側に水が飛んでしまって、床が濡れてしまうのです。

どんなに工夫しても、
カーテンの隙間からトイレ側に、水が出てしまうのです。

 


スポンサーリンク


 

僕はすごくむかついたので、
全力で対策法を考えました。

分かりました。
こうすれば良いのです。

20130801-011926.jpg

ビニール袋に、新聞紙を入れたものを、
2つ置いたのです。

これなら、上から水をかぶっても、
いちいち乾かさなくて済みます。

これが、カーペットだと、
濡れてカビが発生するので大変です。

でも、今回お勧めした方法なら、
カビになる心配はありません。

僕は、一人暮らしを始めて3カ月で、
この素晴らしい方法を見つけました。

この方法を、あなたも使って、
使いやすいユニットバスにして欲しいです。

掃除をするときは、
新聞紙を持ってシャワーで床を、
ザーッと流せば埃が流れます。

とても楽に掃除ができて、
うれしいです。

ただ、ここまで読んだ方の中には、
使いやすそうだけど、

見た目がちょっと・・・

と、思っている人がいるかもしれません。

確かに、見た目は最悪です。

彼女が家に来て、
この現状を見たら、
ドン引きすると思います。

吐き気すらするでしょう。

ただ、使いやすいという点が、
彼女の考えを変えます。

あまりに使いやすいので、
「別にいいや」

「どうでもいいや」

「思考するのも面倒くせぇ」

と思うのです。

こう思わせたら勝ちです。

人間は、「これで当たり前」と思ったら、
思考停止しますから。

ユニットバスを使う時は、
ぜひ新聞紙を置いてみてください。

あまりの快適性の良さに興奮して、
眠れない日が続くでしょう。

おめでとうございます。


スポンサーリンク


コメントを残す