一人暮らしで家のそばにあると嬉しい建物とは?


一人暮らしをして、嬉しいことがありました。

それは、家のそばにペットショップがあったことです。

えっ、ペットショップ?なんじゃそりゃ?あぁ?

と、思うかもしれません。

 


スポンサーリンク


 

ペットショップは偉大です。

僕は毎週末、ペットショップに命を助けられています。

家の傍のペットショップには子犬と子猫がいて、
見ているだけで癒やされます。

その可愛さは佐々木希と同じくらいなんです。

もしくはトリンドル玲奈くらい可愛いんです。

つまり、最強の可愛さってことです。

そのペットショップは家から歩いて、5分くらいなので、
すぐに会いに行くことができます。

僕のお気に入りは、子猫のぺロちゃんです。

いつも舌をぺロッと出しているので名前はぺロちゃんと勝手に付けました。

とても安易な名付け方です。

僕は、ぺロちゃんが好きで、
毎週末に会いに行っているのです。

 

会いに行くと、ぺロちゃんは僕のことが分かるらしくて

「あ、おにいたん、また来た―、ウキャキャキャー」

と、喜んでくれるのです。

檻をガリガリ噛んで、
「ちょっと歯が折れそうだよ?」
と、客に心配させるほど活発です。

でも、そのおもてなし感が嬉しいのです。

他の男にやったら、嫉妬してしまいそうなくらい可愛いのです。

こんな、世界一可愛いぺロちゃんに会える場が、
家から5分のところにあるので、嬉しすぎます。

観賞料は無料ですからね。

子猫は生後1カ月くらいでピッチピチです。

若い命に触れ合うだけで、
どんどん落ち込んだ気分も元気になります。

あなたも、ペットショップのそばに住めば、
嫌な気分の時に元気をもらえます。

ただ、動物臭が異常なので、初めて行った時は、
「くっさ~・・・・」
と悶絶するのは間違いないです。

でも、可愛い子猫の顔を見たら、
「なんて自分は汚い人間なんだ。
風呂に入ってないんだから臭いのは当たり前じゃないか」
と深く反省することになります。

そして、また行きたくなるのは間違いありません。

動物のいない寂れた動物園に行くくらいなら、
絶対にペットショップの方が楽しいです。

ぜひとも、ペットショップのそばに住んでみてくださいね。

もう、可愛いのなんのって、言葉にできないですからね。

 


スポンサーリンク


 

あまりにぺロちゃんが可愛いから、
飼ってやろうかと思いましたから。

そしたら、ビックリ。

値段が6万円もしました。

アメリカンショートヘアー半端ねぇ~
って思いましたね。

そりゃ、毛もフワフワしてるわって思いました。

そこらにいるギャートルズに出てきそうな野良猫は、
「勝てんわ」と思いましたね。

目糞と鼻糞がダブルで付いてますからね、あいつら。
ダブルパンチで逞しく生きてますから。

話を戻して、問題はぺロちゃんです。

僕のアパートの家賃は2万4千円なのに、
ぺロちゃんは6万円です。

もうすぐ家賃の3倍の値段になるわけです。

 

なので

「今回は、無理か・・・。
飼いたいけど、高すぎるなぁ・・・」

と諦めかけていたら、

ぺロちゃんが
「おにいたん、飼ってくれないのぉ」
と、見つめてくるんですね。

こいつ、前世は銀座でホステスやってたんじゃねぇかってくらいに、
聡明な目で見つめてくるんです。


(アカーン・・・。)

飼いたい、でも金がない・・・・。

深く考えた結果、
自分を食わすのに必死なのに、
猫を食わすことはできないので諦めました。

ぺロちゃんをぺロちゃんすることになったら、
僕も親も悲しいです。

ただ、いつか大きなマンションに引っ越した時は、
子猫を飼いたいです。

そして、癒やされたいです。

あと、女にモテたいです。

ガッツリ、モテたいです。

 

男「俺、子猫飼っているんだぁ。遊び来ない?」

女「うん、行く行く!!」

 

海老で鯛を釣るじゃないですけど、子猫を餌にしたいです。

非人間的かもしれませんが、
ぺロちゃんを特典にしたいです。

別にいいでしょ。

新聞勧誘も洗剤や米等の特典があるから、契約するわけだし。

将来は子猫を飼います。

そして、このブログで彼女と発表し、超自慢したいと思います。

その瞬間を楽しみに生きます。

あなたも給料以上に楽しみにしていてください。

まとめると、一人暮らしをするなら、
近場にペットショップがあるところに住んでほしいのです。

マジで仕事の疲れや勉強の疲れなんか吹っ飛びますからね。

 

猫の写真集を発見!!いい顔してるぜ!!。

 

お勧めの猫が出てるテレビ番組は、
岩合光照さん出演の「世界ネコ歩き」です。

この前、落合さんの肩に子猫が乗っていました。

羨ましくて仕方なかったです。


スポンサーリンク


コメントを残す