一人暮らしで段ボールを捨てる方法


段ボール1

一人暮らしでは、自分でゴミを捨てなくてはいけません。

ゴミの中で、最も捨てるのが面倒なのは段ボールです。

僕が住んでるアパートでは、
月に一回しか段ボールを捨てる機会がありませんでした。

なので、捨てる機会を逃すと、
部屋にどんどん段ボールが溜まっていきます。

段ボールは、かなりの重圧感があり、
気分が悪くなるほど邪魔です。

ただの、デカイ紙ですからね。

こんな、邪魔な紙を毎日見ていると、
ストレスで病気になりかけません。

なので、捨てられる日に絶対に捨てましょう。

今回は、段ボールの捨て方を伝えます。

 


スポンサーリンク


 

段ボールは地域で変わると思いますが、
月に1回捨てるチャンスがあります。

僕のアパートでは、1回だけありました。

捨てる段ボールは、ヒモで縛らないといけません。

僕がこんなふうにしばっています。

dfgh__

大きな段ボールと、小さな段ボールで分けて縛っています。

分ければ、業者が持っていきやすいからです。

ヒモは安く買ったビニールヒモです。

100均で売っているでしょう。

結び方は、蝶結びにしています。

嫌いな奴を強くイメージして、
おもいっきり縛っています。

絶対に、荷崩れしない自信があります。

縦と横を縛ってどんな持ち方をしても、
バラバラにならないように縛りましょう。

それで、ゴミ捨ての日になったら、
ゴミ捨て場に捨てれば良いです。

野犬とかにかじられないように、
網とかがあるならかけましょう。

また、雨に濡れないように、
屋根があるところに置きましょう。

段ボールが雨に濡れると、業者が
「やってられねぇよ!!」
と思ってしまいます。

濡れた段ボールは異常な重さです。

僕は高校生の時、外のゴミ置き場の掃除をしていました。

その際、濡れた大型の段ボールを持ったことがあります。

それは段ボールではなく、柔らかいベニヤでした。

ぶん投げて放置したくなるので、
絶対に屋根の下に置きましょう。

早朝から業者に「家に帰りたい」と思わせるのは、
まずい事態なので。

 


スポンサーリンク


 

部屋に大型の段ボールを増やさない方法

大型の段ボールは、部屋に増やしたくないですよね。

僕は、大型の段ボールを、
極力増やさないように生活しています。

テレビで紹介されてもいいんじゃないかと思うほど素晴らしい方法です。

それは何かというと、お店で商品を買った際、
商品を段ボールから出してもらうんですね。

商品だけもらって、
段ボールは店側で処分してもらうのです。

この方法なら、無駄な段ボールが、
部屋にたまりません。

すぐに段ボールを捨てれば、常に部屋が綺麗なのです。

 

次の写真を見てほしいです。

IMG_0642[1]

パソコンが乗ってる机がありますね?

仕事をする為に購入した業務用の机です。

ホームセンターで購入したのですが、店員に
「段ボールから机を出してもらえますか?
机だけもらっていきます」
と、言って机のみもらいました。

きっと、どこのホームセンターでも、できるでしょう。

できなかったら、ごめんなさい。

ぜひ、記事を参考にして、段ボールと向き合ってほしいです。

段ボールは、部屋にあると、インテリアをブチ壊します。

一気に生活感が溢れてしまいます。

なので、段ボールは捨てましょう。

僕の部屋には、元々生活感なんて微塵もありません。

でも、段ボールを捨てて、少しでも女にモテる部屋を作ろうと頑張っています。

この諦めない想いを持つ僕を、
世界中の美女は忘れないで、
日々を過ごしてほしいです。

美女よ。

今回も記事を読んでくださり、ありがとうございます。

いずれ、段ボールにつまって、
あなたに会いに行くかもしれません。

紙臭くない素敵な部屋のインテリアで迎えてくださいね。

速達で送り返したら嫌だからね。僕はあきらめないからね。

最近、サンボマスターに夢中だから、しつこいからね。


スポンサーリンク


コメントを残す