一人暮らしで隣の民家のじいさんが芝刈りしてて腹立った話


騒音1

一人暮らしでは騒音に気をつけましょう。

僕は騒音でたくさん苦労しました。

その時の、話をさせてください。

 

スポンサーリンク

本文

一人暮らしをしていると、予期せぬことが起こります。

「こんなことって起きるの?」
と、思うことが頻繁に起こります。

僕は、最近起こりました。

夏場の日曜日に、気持ち良く9時くらいまで寝ていると、
隣の民家のじいさんが、「ブゥ~ン」と芝刈り鎌で芝を刈っているのです。

部屋の窓は全開です。

僕は寝ぼけていたので、自分の耳が壊れたかと勘違いしました。

芝を刈る音に耐えて、おでこの血管が切れそうになりながら起きました。

うるせぇ!!!

うるせぇ×100

何してんだ、日曜日に!!

こんなに怒るのには、騒音以外にも理由があるのです。

僕は、気持ちいい夢を見ていました。

シンデレラ城で花柄ワンピースの佐々木希とデートしてました。

希「ねぇ、お昼何食べたい?

僕「君となら、何を食べたっていいさ。
すべてが好物になるさ」

希「何言ってんの。この~」(おでこを人指し指でツ~ン)

僕「ウキャキャキャキャ」(希ちゃんの肩におでこをくっつけて興奮している)

こんな夢でも贅沢な夢を見てる幸せな僕の前に、

ヌッと作業着のじいさんが出てきて、
「ブィ~ン」と芝刈りをするんだから、胸クソ悪すぎました。

「何してんだっ!!!!!」って叫んでました。

そして、夢から覚めたら、堂々と芝刈りしてるんですから、
とんでもない日曜日の朝です。

絶望の朝です。
ムンクの叫びみたいな顔になりました。

じいさんはアパートの住民が、
どんなにハートフルな夢を見ていようが躊躇しません。

鼓膜がこれ以上に震えませんというところまで、
騒音を鳴らすのです。

僕の都合なんぞまったく気にしないです。

セールスマンになったら、無理やりにめっちゃ成約を取るタイプです。
10センチくらい玄関が開いたら、入りそうですもん。

まさに地獄。

こういう人がいるから、事件って起きると思うんです。

よくテレビで隣人の騒音がうるさいってだけで事件がありますよね。

僕の場合は、日曜日だけでしたが、
毎日のようにうるさくされると色々と考えちゃうのは無理ないです。

争いになるのも無理はないと思いました。

僕もなんとか反撃したいと思って、
芝の上に漬物石を置いてやろうと思いましたから。

「うるせぇ」って漢字を石を並べて作りますから。

どかすので一日使わせてやります。

石はリヤカーで持ってくるから楽です。

芝刈ることに恐怖心を植え付けてやります。

漬物を見るのがトラウマになるくらいにしてやります。

腐りきった夏の思い出ができますね。

まぁ、やらないですけど。

捕まりたくないので。

こんなつまらないことで捕まって、親の泣き顔を見たくないので。

でも、これぐらい酷いことを考えてしまうのが、騒音なんですね。

音って嫌でも耳に入ってきますから。

一人暮らしを始めて、一カ月くらいの時に驚くことがありました。

アパートの二階に住んでる学生が、
彼女を連れ込んでることがありました。

もうね、イチャイチャしてるんですね。

一緒にテレビゲームをしたりして笑いあってるんです。

あの音はマリオカートかな・・・。

「マンマミーヤ、ハッハー!!」
って聞こえましたから。

男女が「ウキャキャキャキャ」
って猿みたいに笑っていましたね。

僕ね、無意識にアパートで一番太い柱を探してましたよ。

大黒柱って奴を。

なかったですがね。

あったら、チェーンソーで切っていたかもしれません。

威嚇してる犬みたいな顔して。眉間を「川」にして。

もうね、音が怖いです・・・・・。

嫌いやわぁ、騒音・・・。

芝刈りも、イチャイチャカップルも・・・。

あなたも、一人暮らしをしたら、騒音に気を付けてください。

もう無理、耐えられない!!
と思ったら、ずっと耳栓を付けているのもありです。

耳栓をとったとき、
めっちゃ聴覚が良くなった気がして面白いですからね。


スポンサーリンク


コメントを残す