一人暮らしで隣人がうるさい時の対処法とは?


じいさん

隣人がうるせぇよ!!

この悩みを抱えている人は、めっちゃ多いでしょう。

僕もこの悩みを抱えていた1人です。

 

スポンサーリンク

 

僕が住んでいた2万4千円のアパートは、
なぜか変な人ばかり住んでいました。

2階に住むインド人だと思われる人は、
朝の6時になったら、お経を唱え始めるのです。

「fghnytrぎゅmyhんじゅjytひゅmじjyぽ」

こんな感じでまったく何を言ってるのか分かりません。

ただ、一つ言えるのは、
インド人は凄く元気だということです。

壁が薄いのに構わず、
お経を30分くらい唱えるので、
僕は精神がおかしくなりかけました。

30分のうち、後半10分のラストスパートは、
声が大きくなるんですね。

たぶん僕が思うに、
絶対に毎日30分唱えてやろうと心に決めちゃったから、
20分くらいでやめたいと思ってもやめられないのだと思います。

だから、後半10分はヤケクソで、喋ってると思うんです。

だって、たまに
「あ~・・・うあぁ~」
と首が痛そうな声を出しますからね。

絶対に
「もうやめてぇ~、でもやめたら神様に怒られちゃう~」
と、間違いなく思っていると思います。

こんな悲惨な生活が続いており、
1人暮らしが終了する危険性があったので、
僕はある物を買いました。

それは「耳栓」です。
あのね、耳栓って重宝しますからね。

僕は耳栓を購入することで、
音から逃げることができました。

僕が思うに、1人暮らしをする上で、
抱えるほとんどの悩みは音だと思います。

実家とは違って、他人が壁一枚の先に住んでいるのですから、
ストレスが溜まるのです。

僕の部屋の隣に住むおじさんは、
年中、胃の調子が悪いのか、
異常にオナラをするんですね。

一日に僕に聞こえる屁が20回はあるんですね。

壁が薄いとはいえ、20回は異常です。

聞こえないのを含めたら、
間違いなく100回は超えてるでしょう。

これはもう、仙人ですね。
屁で空を飛んでも、なんら不思議じゃないです。

このおっさんの屁の音は、
いつも大きいし、いつも地面にあぐらをかいているせいなのか、
すごく汚い音を出します。

「バビ~」
って音なんですね。

一度聞いたら忘れられない音です。

たぶん幻想的な世界に一気に入りこませてくれるバンドの、
「世界の終わり」の曲を聞いていても、
まったく集中できないでしょう。

「世界の終わり」の世界観に入る前に、
世界が終わります。

この恐怖があなたに分かりますか?

僕は「バビ~」の音で、
精神が崩壊しそうになりましたからね。

絶対にこんなクソ部屋に、
女の子なんか呼べねぇよ・・・・
と1人愚痴を言ってました。

そして、結局は安心、安全の「耳栓」に助けを借りました。

この世に耳栓がなかったら、
僕の世界は終わっていたと思います。

本当に隣人は、困ったものですね。

それじゃあ、もしもあなたが、
こんな困った隣人がいる建物に住むことになったら、
どう対処すればいいのか?

対処法は二つあります。

1.注意する。
2.不動産屋に連絡する。

 

スポンサーリンク

 

1.注意する

これは、なかなか勇気がいるもので、
注意してやめてくれたら嬉しいんですけどね。

ぶち切れられたら、
次に会った時に気まずくて言いづらいんですよね。

僕は、気まずくなるのが嫌で言えませんでした。

ただ、僕のようにオナラの音を嫌がっている人がいたのか、
オナラをしまくるおじさんの自転車に、
誰かがカギをかけたんですね。

おじさんは僕に
「自転車にカギをかけられて、
乗れなくなっちゃった・・・。
誰がやったか知らない?」
と聞いてきたので、

はっきりと目を見て

「知らない」と言いましたが。

やはり、僕のように腹が立っている人はいるようです。
ただ、カギをかけることが、
オナラをするのをやめることに繋がるとは思えません。

むしろ腹が立って、
胃腸が活発になる恐れがあります。

火に油を注いだように、
僕には思えましたね。

やはり、2の不動産屋に言うのがベストなのでしょうね。

2.不動産屋に連絡する。

不動産屋に連絡すれば良いです。

ただ、しっかりと対応してくれるのかは、
分かりませんが。

悩みの種類にもよると思うんですね。

僕のように、インド人がうるさいとか、
おじさんの屁が不快きわまりないとかだと、
話は通らないかもしれませんね。
個人的すぎて。

「知らねぇ」
と言われるかもしれません。

でも、あなたが車を止める駐車場に、
隣人が無断で車を止めているとかなら、
対応してくれるでしょうね。

あなたがどんな悩みを抱えているかによって、
不動産屋の対応は変わるでしょう。

一つだけ言えることは、
安いアパートに住むと、悩みの種と屁の数が多くなるということです。

ディズニーランド異常に刺激的な日々を過ごしたいのなら、
安いアパートに住むことをお勧めします。

非日常が日常になるとは、こういうことか!!
と分かりやすく理解できますからね。


スポンサーリンク


コメントを残す