一人暮らしの冬で使える防寒対策とは?


防寒1

一人暮らしの冬で使える防寒対策を知っていますか?

知らないと、風邪を引いてテンションが尋常じゃなく下がります。

料理するのも車を運転するのも、
掃除するのも漫画を読むのも面倒です。

ジャンプでさえ読むのが面倒になるのが、
風邪です。

何一つ良いことがないので、
防寒対策を伝授します。

 

スポンサーリンク

 

1人暮らしの冬での防寒対策は6つあります。

1. 空調服を買う

2. ダウンを着て寝る

3. 腹巻きを付けて寝る

4. 職人用の靴下を穿く

5. 冷たい物を食べない

6. ズボンは何枚も穿く

 

まずは1つめから知っていきましょう。

1.空調服を買う

空調服をご存じじゃない人のために、
リンクを貼っておきます。

空調服

どうですか?

この会社は、夏場に着る涼しい空調服だけじゃなく、
冬には防寒着があるのです。

一度買えば一生涯使えるので、
多少値段が高くてもお得かもしれないですね。

お腹を温められるので、
ホッカイロの代わりになります。

学校や会社に行く時に、
もってると便利だし、
友達に羨ましがられるでしょう。

2. ダウンを着る

部屋の中にいる時に、
常にダウンを着ます。

常に暖かいし、寝る時も着て寝ます。

ダウンを着て寝れば、
例え寝返りをうって布団をかけないで寝てしまっても、
寒くないです。

オシャレ感はゼロですが、
別に家から出ないのであれば着れば良いと思います。

ただ、夜中に熱くて起きて、
水分を摂りたくなるかもしれないので、
枕元に水を置くと良いでしょう。

3. 腹巻きを付ける

腹巻きの重要性を知らない人が多くいますね。

一人暮らしで腹を冷やすと、
絶望感が異常です。

寝ようとしても、
トイレに行きたくなってなかなか寝付けなくなります。

腹巻きは、しまむらとかに安く売っているので、
買った方が良いです。

冬は腹巻きを付けて寝る習慣を作るだけで、
だいぶ体調を壊さなくなるでしょう。

4. 職人用の靴下を穿く

職人用の靴下は、
冬用を選んだ方が良いです。

職人が冬場に生地の薄い足袋を穿いても、
寒くないように厚く作られています。

親指と人差し指の間が分かれてるので、
フィット感がたまらなく気持ちいいです。

部屋着としてのオシャレ感はゼロですが、
寒いよりマシだと思うので書きました。

 

スポンサーリンク

 

5. 冷たい物を食べない

防寒対策として、
暖房を付けたり、コタツに入ったりするのは良いのですが、
まず一番に大切なのは、「何を食べるか?」です。

体を冷やすものを食べては、
下痢になるし、体が冷えてきます。

なので、冷たい麦茶や牛乳等を飲まないほうが良いです。

「別に大丈夫だろう」
と安易に思って、
寝る前に冷たい牛乳を飲むと、
とんでもないことになりますからね。

僕は、冬なのに健康のためと思って飲みました。

下痢になって実家にすぐさま帰りたくなりました。

1人暮らしでの体調不良は、
絶望感しかありません。

体調不良の時に寝ると、
すごく怖い夢を見たりします。

良いことが一つもないので、
冷たい物を食べない、飲まないようにしましょう。

6. ズボンは何枚も穿く

ズボンは何枚も穿いてください。

オシャレじゃないとか思わずに、
ももひきを穿いてもいいので、
脚に布団をかけなくても眠れる下半身を手に入れてください。

まず、防寒対策をする上で、
一番に重要なのは、
体全体を冷やさないことです。

ぶっちゃけ、着ているものだけで、
体を温めることができるのなら、
暖房器具とかいらないのです。

暖房器具はあくまで補助です。

大切なのは、あなた自身で体を温めることなのです。

まとめ

1. 空調服を買う

2. ダウンを着て寝る

3. 腹巻きを付けて寝る

4. 職人用の靴下を穿く

5. 冷たい物を食べない

6. ズボンは何枚も穿く

今回の記事を参考にすると、
ドラえもんみたいなまるっこい恰好になるかと思います。

ださいと思うかもしれません。
100%思うかもしれませんが、
大丈夫です。

僕もやっていましたから。

あなただけがダサいわけじゃないのです。

おや、むしろ心配になっちゃったかな・・・・。

大丈夫です。健康が一番ですから。
寒い思いして1人暮らしをしても、
楽しくないです。

健康あっての楽しい1人暮らしですからね。

ぜひとも記事を参考にして楽しい1人暮らしにしてほしいです。


スポンサーリンク


コメントを残す